このような方へ
お悩みの方へ

東京文理学院高等部

169-0075 
東京都新宿区高田馬場4-4-11
電話:03-3365-1781
FAX:03-3365-1782

お悩みの方へ

東京文理学院を卒業した後はどうなるの?

東京文理学院の目標 メンタルの強さ・進路の決定

東京文理学院の教育課程を終え、進路を決定した卒業生の声です

※これらのメッセージは2016年に行われた25周年記念式典に寄せられた卒業生からのメッセージです。
1997年卒業(女子)Tさん
文理で過ごした時間は私にとってとても有意義な日々でした。クラスのみんなや先生方からたくさんの事を学ぶことができました。
先生、ほんとにありがとう!!!
1999年卒業(男子)Iさん
現在の私の状況と致しましては、少し遠回りとなりましたが、2008年の大学卒業後に現在の会社に新卒にて入社し、間もなく丸8年となります。
現在の生徒の皆様に私でお役に立てそうなことがございましたら、何なりとご連絡いただければと考えております。どうぞよろしくお願い申し上げます。
2000年卒業(女子)Mさん
在学時はわからなかったけど今は、嫌でも頑張って通ってよかったと感謝しています。
特に三年生の時の先生は話を聞いてくれたりとても印象に残っています。
小中と教師に対して不信感しかなく反発していましたがこの先生はちょっと違うと感じました。
今の生徒達も文理でそんな事を感じられたらいいなと思います。
2000年卒業(男子)Nさん
大学卒業後、約10年。
現在は特養のユニットリーダーを務めています。
もう今年で34です…早いもんですね。
2000年卒業(女子)Sさん
卒業して15年、懐かしいです。
これからも多感な時期のお子さんたちを救い、守り、旅立たせる東京文理であってほしいと願います。
2001年卒業(女子)Hさん
早いもので、卒業して14年ですね。卒業後は色々ありましたが、私はおかげさまで元気にやっています。
昨年には女児を出産し、今は初めての育児に奮闘中です。また先生方や卒業生(同級生)の皆さんとお会いしたいです。
2004年卒業(男子)Hさん
文理卒業後に入学した福祉の専門学校を卒業、介護福祉の現場に勤めた後、専門学校の教員を経験し、現在の職場におります。
先生方には大変お世話になりました。ご恩返しできるようなことがあれば、お声掛けください。
2004年卒業(女子)Tさん
高校時代が懐かしいです。同級生の皆と、当時の先生達がいたおかげで、不登校から抜け出し、社会復帰が出来たと思っています。
文理で過ごした時間は、私にとって今でも大切なものです。
また同級生の皆と先生達にもお会いしたいです。
これからも、失敗してもやり直せる、未来はあるよと生徒の皆さんと頑張ってください!応援しております。
2004年卒業(女子)Yさん
在学中は大変お世話になりました。
日常生活にも学校生活にも大きな不安を抱いていた当時の私に、希望を与えてくださった先生方、クラスメイトや友人達に、本当に感謝しています。
今でも当時のことをよく思い出します。
結婚したり、転職したり、引っ越したり、卒業後様々な経験をし、今でも決して強くない自分を何度も見てきましたが、その度に高校時代文理で経験した日々を思い出し、当時の自分の姿に励まされてここまで来ました。
現在文理に通っている在生徒の方々にも、今経験したことは必ず将来自分にとって支えになると信じて毎日を楽しんでほしいな、と思っています。
2005年卒業 Sさん
何もできなくて殻に閉じ困ってばかりだった自分ですが、文理学院があったからこそ、先生たちにお会いしたからこそ立ち上がることができました。
ずっと感謝しております。
2005年卒業(女子)Tさん
25年目おめでとうございます。こうして連絡を取らせて頂く事を嬉しく思います。
文理で過ごした日々は、私にとって大きな糧となっています。益々のご発展をお祈り申し上げます。
2001年卒業(男子)Tさん
釣具販売の仕事についています。
休みの日も相変わらず釣り三昧です。
2005年卒業(女子)Kさん
お久しぶりです。
在学中は大変お世話になりました。
現在はアメリカ人の夫とユタ州で暮らしています。ユタに来られる際は是非いらしてください!
2006年卒業(男子)Nさん
自分の青春といえば、文理学院のことを思い出します。仲間と先生達の日々、今思えば戻りたいと思う日々です。在学中、うっとしいと思っていた先生方、若気の至りでしてはいけないことをしてしまった自分ですが、それでも見放すことなく接してくれました。いつでも自分たちのことを考えてくれていました。時には仲間のように、時には親のように接してくれた先生方、本当に感謝しています。今の自分があるのは先生方のおかげです
2006年卒業(男子)Kさん
文卒業から10年近く経つのかと思うと不思議な気分です。卒業後、大学・大学院(修士課程)と修了し、その後アルバイトをしながら夜間の専門学校に通い直して社会福祉士の資格を取りました。
現在は障害者の福祉施設に勤務しています。高校時代の経験は今でも自分の確かな土台の一部となっているように思います。
 
2007年卒業(男子)Mさん
卒業して約10年も経ってしまいました。
在学中のことは今でもよく覚えてます。それだけ充実した学校生活だったんだなと思います。
スキー教室で人生で初めてやったスキーは、今でも趣味として毎年ゲレンデに行ってます。
オーストラリアに行ったり東京文理学院で色々な経験がすることができ感謝してます。
今更ですが、本当にありがとうございました。
2007年卒業(女子)Yさん
去年結婚しました。大学を卒業後は地元の区役所に就職し、区立保育士として働いています。
2010年卒業(女子)Mさん
東京文理学院は勉強だけでなく、社会人にとって重要な勤怠の安定や自己コントロールを身に付けることができる場だと思います。私は
現在、就労移行支援事業所の支援員として働いております。卒業後、社会へ出ることに不安を感じている在校生の方々には、スモールステップとして就労移行支援事業所へ通所するという進路もお勧めします。
2010年卒業(女子)Sさん
当時は大変お世話になりました。文理時代に得たものは、今も大切に残っており、担任だった先生や文理で知り合った友達とは、今も連絡を取り合ったり、会ったりしています。
文理学院に入学できて、本当によかったと、今、改めて実感しています。本当にありがとうございました。
2010年卒業(男子)Aさん
大学在学中には、教職免許を取得しました。
教職免許を取得しようと考えたのは、東京文理学院で教えていただいた先生がきっかけです。
これから、人を導く仕事に就けたら良いなと考えております。東京文理学院では、「すべてを認め、受け入れる」というとても大切なことを教えていただきました。これからもこれを指針として生きて行きたいと思います。
2011年卒業(女子)Tさん
社会人となり今年で4年目になります。
文理で先生方が教えて下さった事、友人関係や勉強等で学んだ事が、現在の職業(障がい児支援)でも役に立っています。
文理に入学し、卒業出来た事がとても誇りに思っています。
2011年卒業(男子)Kさん
卒業から4年が経ち、文理学院の現在の状況が気になる今日この頃です。
私は今年就職活動を迎え、不安でいっぱいですが「内定」を勝ち取るために尽力しますので引き続き見守っていただければ幸いです。
2011年卒業(男子)Aさん
在学中は大変お世話になりました。
3年間とても楽しく過ごせる事ができました。
特にグランドキャニオンは行って本当によかったです。今は訪問介護士としてお年寄りの生活支援や障がいの方の外出を手助けなどして頑張ってます。
2012年卒業(女子)Iさん
文理学院は、私にとって始まりの場所であり、そこで数多くの先生や友達に会えて、社会に必要な知識もたくさん学ぶことが出来ました。
私にとって、文理学院というのは第二の家と呼びたくなるようなとても理想的な学校でした。これからも、生徒と先生が楽しく交流できるように頑張ってください。
2013年卒業(男子)Kさん
進路相談の際、担任の先生から、働きながら学べる専門学校をリクルートのサイトから探せることを教えていただき、ここならやれるかもと、高円寺にある医歯薬系の専門学校を選びました。
在学時からヒグチでアルバイトをしたものが実習の単位にもなり、授業料にも当てられて大変助かりました。
お陰様で薬の販売資格の、登録販売者という国家資格も取れて、卒業後も雇ってもらえました。
これからも経験を積んで頑張っています。
2014年卒業(男子)Iさん
あの時、見捨てずに、温かく見守り続けて下さった先生方のお陰で、今日も元気に生きてます!本当に、ありがとうございました。
2014年卒業(女子)Oさん
文理があったから今の私がいます。
文理でたくさんの経験をさせていただけたことを感謝しています。
2015年卒業(女子)Yさん
高校生のときは本当に楽しかったです。
中学時代に比べ、だいぶ明るく、友達もたくさんできたように感じます。東京文理学院は毎日通うことでコミュニケーション力がつき、人間性が私の場合ですが、ずっと成長しました。
人生は真っ直ぐではなく、幾つもの道のりがありますが、これから精一杯生きていきたい気持ちです。
2015年卒業(女子)Mさん
毎日楽しく大学に通っています。
今では大生徒活がとても充実しています。
今の私が成り立っているのは東京文理学院での生活があったからこそだと思います。
本当にお世話になりました。ありがとうございます。



【これが東京文理学院の使命です】
本学院の指導で学校生活を通じた社会性を身につけ、本学院のプログラムで基礎及び受験レベルの学力をつけ、最終目標は進路の決定と、進路先でしっかりやっていけるメンタルの強さの育成ということになります。

【評定平均は好成績を期待できます】
通信制高校の指導をしっかりとしていくので、成績(平均評定)も期待できます。その結果、多くの生徒が推薦試験で大学や専門学校へ入学しています。推薦試験やAO入試においては、担任・副担任・学年主任・統括主任が遅くまで熱心に面接指導を行っています。その成果が認められ、多くの専門学校や大学から指定校推薦枠をいただいています。

【一般受験で難関大学へも入学】
2年次から特別進学クラスを設定しています。担任がひとりひとりの学習計画をチェックしたり、放課後の自習を一緒にしたりときめ細かい指導を行っています。メンタル面でのサポートも配慮しつつ、その生徒の耐性を超えない受験指導を実践しています。そのため、一般受験で難関大学へ進学する生徒もいます。

【職業訓練校進学や就職】
さらに、職業訓練校進学や、就職についても実績があります。 各校及びハローワークなどとも密接な連携をとっています。特に本学院は入学時から進路に向けての意識付けをしていくということと、日常の学校生活においても、一般的な生活指導が行き届いていますので面接試験で好印象を持っていただけています。

【卒業後も相談を承っています】 (もちろん無料です)
卒業後についても継続したアフターケアを続けて行きますので、進路先で万一問題が起きても安心です。毎日誰かしら卒業生が顔を出してくれる学校です。卒業生本人だけでなく、保護者からの相談も承っています。

本学院は1992年に開校した、最も歴史のあるサポート校です
平成29年度 進路活動予定
1学年 2学年 3学年
4月   19日(水)進路説明会
希望者
19日(水)進路説明会
全員参加
5月     7日(日)第1回全統マーク模試
3-1全員&普通クラス希望者
6月   14日(水)JASA進学説明会
全員参加
14日(水)JASA進学説明会
希望者(※中間1日目)
7月   学校見学 学校見学
8月   学校見学 4日(金)第2回全統マーク模試
3-1全員&普通クラス希望者
学校見学
9月      
10月 18日(水)進路説明会
AM・PM(体験型)
全員参加
18日(水)進路説明会
AM・PM(体験型)
全員参加
上〜中旬センター試験申込み
3-1全員&普通クラス希望者
18日(水)進路説明会
希望者(※体育)
22日(日)第3回全統マーク模試
3-1全員&普通クラス希望者
11月      
12月      
1月     13日(土)・14日(日)
センター試験
2月 7日(水)
進路説明会 PMのみ(説明型) 全員参加
 
  12日(月)高校2年全統マーク模試
2-1全員&普通クラス希望者
3月 学校見学 学校見学