このような方へ
お悩みの方へ

東京文理学院高等部

169-0075 
東京都新宿区高田馬場4-4-11
電話:03-3365-1781
FAX:03-3365-1782

学校生活

生活案内

文理生の一日

★〜9:30元気良く登校!
少し遅めの9:30登校。
だから通学に1時間半かかるような遠い人でも8時ごろに家を出れば間に合うのです。実は初めのころは近くまで親御さんといっしょに・・・なんてことは文理ではよくある光景です。初めての電車通学だからネ!
毎朝、先生たちが校門でお出迎え。学院長先生も毎朝校門に立ってくれます。
わたしも先生とお話を楽しみながらお出迎え組に合流しちゃいました。クラスメイトがぞくぞくと登校してきて、その輪がどんどん大きくなっていきます。
★9:30〜 朝のHR
教室で朝のHRです。
「おはようございます。」気持ちのよい挨拶は一日のスタートにはかかせません。
ひとりひとり名前を呼びながら出欠を取ります。今日の調子はどうかな?先生も確認しながらの点呼です。
★9:40〜 午前授業
午前中に4時限あります。1時限は40分授業なのであっという間に終わってしまいます。全員黒板の方を見て静かに授業を受けます。時々、ノート提出もあって、きめ細かくみてもらえます。学院内で携帯電話の電源は切ってありますので、授業中に携帯電話の着信音が響く・・・なんてことはありません。
「情報」の授業の様子です。各行事に合わせて、インターネットで調べ物をして、それをレポートにまとめます。
また、ワードの操作を学習してパソコン検定試験の合格を目指します。
★12:50〜 昼休み(昼食)
お弁当を持ってきていない人用にお弁当販売があります。日替わり弁当 また種類の多いパンの販売もあります。
お友だちと話を楽しみながらのお弁当タイム!担任の先生も教室でいっしょにいただきます。先生もそっとフォローしてくれるので一人ぼっちで寂しくお昼ごはん・・・なんてことはありません。
★13:30〜 選択授業(月火・木金)
学年やクラスの枠を超えた「選択授業」。
大部分の選択授業には先生が2人います。
その道の「プロ」の先生と文理の先生。
未経験でも平気!基礎から丁寧に教えてくれます。
陶芸の様子です。
ろくろを使った本格的な講座です。
焼きあがったときの喜びはまた格別なんです。
★14:40〜 HR・掃除
帰りのHRが終わると、そうじ当番による掃除です。
四角い教室は四角く掃除。机もきちんと整えて、明日の朝を気持ちよく迎えます。
また、ごみは美化委員が分別して捨てます。毎日ゴミ箱を水で洗い流して清潔にしています。
★放課後・部活動
文理の先生はたいてい放課後もぼくたちといっしょに過ごしてくれる。先生は本当におもしろくて、何でも相談できる。
野球部の放課後練習です。今日は校内で基本的な練習。手を抜くと、すぐに先生からげきが飛びます。

制服

在校生に大人気の制服。女子はスクールカラーのグリーンを基調としたチェック柄のリボン・スカート。ブラウスは薄い水色。
男子はグレーのチェックスラックスにグリーンのネクタイ。Yシャツは薄い水色。

夏服は在校生からの要望によりリニューアルしました。ボタンホールはスクールカラーのグリーンの糸でかがられていて、かなりオシャレ。

東京文理学院では、社会人になったときにみんなが困らないように、清潔感のある制服の着用をしています。そのため、ネクタイやリボンを下げて身につけたり、「腰パン」をすることはできません。服装や髪型に関する校則はゆるやかですが、最低限みんなで守っていかなくてはならないことはきちんと守られています。

校舎案内

正面玄関の受付窓口です。大きな時計は文理の歴史を刻んできました。月に2回花屋さんがやってきて、季節の花を生けてくれます。
エントランスホールの展示戸棚です。さまざまな賞状やカップ、在校生の作品などが展示されています。
保健室です。
体調が悪いときに休める保健室です。ベッドが2つあります。
適応指導教室です。まだ登校に慣れない時期や、教室に入りづらくなった時に一時的にここで個別学習などをします。
教室です。放課後、掃除当番が掃除をしますが、みんなが帰った後にさらに担任の先生が教室に磨きをかけます。次の日、クラスのみんなに気持ちよく過ごしてほしいですからね。お手入れの行き届いた教室は担任の先生の愛情の証なのです。
3年生の教室です。壁に貼ってあるのは海外研修の事前学習で使った模造紙。3年生ともなると、先生の手を借りることなく班ごとにインターネットで調べて、うまくまとめて模造紙にします。仕上がりもきれいでしょ?
廊下の掲示板です。これはクラブ活動のポスター。それぞれの部が部員獲得に向けて趣向を凝らしています。
在校生たちが大好きな場所。西新宿の高層ビル群が遠くに見えます。