学習内容

入学時から進路に向けて計画的に準備を進めます。3ヵ年をかけて生徒ひとりひとりに合った進路を教職員とともに見つけます。

進学への取り組み

学校生活を通じて社会性を身につけ、本学院のプログラムで基礎及び受験レベルの学力をつける。その最終目標は進路の決定と、進路先でしっかりやっていけるメンタルの強さの育成です。

指導をしっかりとしていくので成績も期待できます。推薦試験で大学や専門学校へ入学できます。また、2年次から特別進学クラスを設定していますので、一般受験で難関大学へ進学する生徒もいます。

クラス編成

数学、英語は完全習熟度別クラス

1年生の英語と数学は通常のHRクラスとは別にそれぞれ4つの習熟度別クラスに所属して学習します。
(2、3年生は進学クラスが立ち上がるので残りの普通クラスが習熟度別クラスになります。)

選択授業

午後の選択授業「講座」について

東京文理学院では、発達途上である子どもたちには、まだまだ秘められた可能性があり、いろんなことにチャレンジしてほしいと願っています。そのため、半年ごとに選択し直せる「講座」を設置しています。

まず生徒ありき、それから設置講座

授業を作り上げる主役は生徒たち、先生たちはそのアドバイザー。午前中の授業とはちがったいきいきした表情を見ることができます。

10人前後の講座も

10人前後で輪になって、こじんまりやっている講座もあります。午前中はクラス授業の集団の中で。午後は先生や仲間たちとのコミュニケーションを楽しみながら学べます。先生の目も行き届き、安心です。入学後、集団授業にすぐ適応できない場合には午後の講座からスタートすることもあります。

プロ講師による講座も

その道のプロ講師を招いて本場の技術を教授してくれる講座もあります。

ただ「楽しい」だけではない

でも、東京文理学院の場合、ただ「楽しい」だけではありません。主体的に授業を作り上げていく中で、将来役に立つ実行力や協調性・リーダーシップといったものを学んでいくのです。もちろん、最初は興味半分で選択した講座で、すばらしい才能の開花を見せて、卒業後の進路を見出した卒業生も大勢います。

多くの講座が開講されています

スキルアップ系 パソコン、調理、手話・ボランティア、技術、書道、陶芸、声優、英会話、空手、手芸、アニメ、美術、鉄道、ギター
アスリート系 バスケットボール、フットサル、フィジカルトレーニング、ダンス
勉強系 進学国語3年、進学国語2年、進学英語3年、進学英語2年、数学演習、英検対策、漢検対策