いじめなど人間関係は大丈夫ですか?

わたしたちは本気で向き合います

生徒たちの入学後の最も大きな不安の一つが人間関係です。

いじめを受けた経験を持った生徒の割合も一般の高校と比較すると多いことでしょう。

日常生活の中のちょっとした辛らつな言葉も先生たちは聞き逃さず、注意をします。

また、生徒たちも早い段階で先生たちに相談をする校風ができあがっているので本当にこじれる前に解決の糸口をつかむことができます。

さらに、本校はサポート校としては生徒数が多いので、同じような経験をもつ、多くの生徒の中から本当に良い友人を時間をかけて作っていくことが期待できます。

まずは、学校で、授業や選択授業、クラブや委員会活動などを出来るだけ経験することが大切です。その中で日常的な人間関係が自然と出来ていきます。「友人を作らなければ」とあせってはいけませんと、東京文理学院では生徒に話しています。万が一うまくいかないようなことがあっても、必ず担任の先生がフォローに入ります。

東京文理学院は本気で生徒間の良好な人間関係の構築に取り組んでいます。